勉強のやる気が出る方法!勉強意欲に火がつく!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

学校の授業の準備をする

新人講師や若い家庭教師が、いきなりノー予習(授業準備をしないこと)
で授業に入るなんて、
本来はしちゃいけないんです。

でも、小中学生相手の授業だったら、
なんとか出来てしまうのも現実です。

この、「なんとか出来てしまう」
というのがクセモノなんですけどね。

なんとか出来てしまうからと言って、それを続けていると、
そのうち足元からすくわれることになるので、注意しましょう。

塾のなかには、時間講師がノー予習でテキトー
に授業しているところも多いと聞きます。

まあ、それはその塾の問題なので
とやかく言うようなことではないんですけども、
本気で教える仕事を続けていきたいのであれば、
入念に授業準備することを避けて通ってはいけません。

そもそも、自分が勉強しないくせに、
生徒にだけ「しっかり勉強しろよ!」
なんて、全然説得力ないですからね。

そんな人に、教わりたいと思いますか?
思わないですよね?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。