勉強のやる気が出る方法!勉強意欲に火がつく!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

教科書、テキストのチェック

■教科書、テキストのチェック

これから教える単元の教科書、テキストを読み、
大事なところはノートなどに書き出しておきましょう。

教科書やテキストには、押さえるべきポイントが
目立つように書かれていますから、
そこはしっかり押さえなければいけません。

途中で疑問点が出てきたら、
すかさず参考書などで調べましょう。

そのために、日頃から信頼できる参考書類は、
揃えておくべきです。

今、あっさりと「疑問点」と書きましたが、
疑問というのは、あなた自身が持つ疑問に限りません。

「生徒が疑問を持つかもしれない」と予想できる箇所についても、
ちゃんとわかりやすく教えられるかどうか、
考えながらテキストをチェックしてくださいね。

そして、必要があれば参考書でも辞書でもネットでも、
いろいろ使って調べましょう。

■問題を解く
授業で使う問題はもちろん、
時間があるときは定期テストや入試の過去問も解いてください。

定期テストや入試の問題も視野に入れた授業と、
そうでない授業とでは、
押さえるべきポイントが自ずと違ってくるはずです。

当然、前者のほうが、授業としては価値がありますよね。

問題を解くときも、漫然と解いてはいけませんよ。

生徒がどこを、どう、つまずくか予想しながら解いてください。

そして、つまずきそうなところの解説を
シュミレーションしておきましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。