勉強のやる気が出る方法!勉強意欲に火がつく!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

子どもに教えるなら勉強しよう!

教える人は、日頃からいろんな情報に慣れ親しん
でおきましょう。

言い方を変えると、「仕込み」をしておきましょう、
ということです。

本は読んでますか?

いろんなメディアが発達している現代でさえ、
やはり書籍こそが最も手っ取り早く、
確かな情報を得ることのできるツールだと思います。

少しでも興味のある分野から攻めていくのがコツです。

仕事のためだと思って仕方なく読むのでは、
続きませんし、身になりません。

もし役に立ちそうな文章があったら、
すぐにマーカーや赤ペンなどで線を引きましょう。

そして、そのページの上端を少しだけ折っておくのです。

そうすると、あとでパッと開くことができます。

本を読んでいるうちに何かひらめいたら、
すかさずメモをとりましょう。

私は手帳に書いていますが、
メモ用紙でも紙の切れ端でも構いません。

あと、テレビやビデオを見たりしているときも、
指導に役立ちそうなネタがあったら、
すかさずメモをとるようにしましょう。

誰かと話しているとき、どこかへ出かけているとき…、

まあ、要するに、アンテナさえ張っていれば、
生活の中のあらゆることが指導のヒントになっているはずです。

どんどんメモをとっていきましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。