勉強のやる気が出る方法!勉強意欲に火がつく!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

子どもには例を挙げて説明しよう

説明をするとき、
具体例を挙げるというのはとても大切です。

抽象的なことをいくら力説しても、
なかなかわかってもらえません。

英語であれば例文をたくさん挙げる。

数学であれば例題を出して解き方を説明する。

国語であれば、語句の意味だけでなく、
使い方を例を挙げて説明する。

国語に限らず、言葉の意味を聞かれたとき、
「こういう風に使うんだよ」
という意味で、簡単な例を挙げます。

出来るだけ豊富な例を挙げられるようになるには、
やはり日頃の仕込みが大切になってきます。

言葉の意味などは、たいてい突然聞かれるので、
あらかじめ準備するのは難しいですが、
日頃のちょっとした心がけで出来るようになります。

例えば、本を読んでいるとき、テレビを見ているとき、
「この言葉の意味を聞かれたら、どう答える?」
というように自分に問いかける練習をしてください。

その時一緒に例も考えておくのです。

こういう癖をつけておくと、
「説明はわかりやすい」というイメージを
子どもが持ってくれるようになりますよ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。