勉強のやる気が出る方法!勉強意欲に火がつく!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

勉強の計画に無理がある?

勉強の計画を立てているときは、やる気満々なので、
どうしても欲張りになってしまいがちです。

あれもこれも詰め込み、予定でぎゅうぎゅうしていませんか?

「このくらいは出来るだろう」
と思って立てた計画でも、案外実行するのは難しいものです。

で、実行できない日が増えていくと、
だんだんモチベーションが下がり、
そのうち計画表自体が憎ったらしくなってくるのです。

違いますか?

無理のない計画を立てるには、どうしたらいいでしょう?
私がオススメしたいのは、

----------------------
一日の行動記録をつける
----------------------

ということです。

計画表は、未来の行動を書くものですよね?

その前にまず、過去の行動を記録するのです。

「何時に何をした」
ということを出来るだけ細かく記録してください。

テレビを見た時間やゲームをした
時間なども正直に書きましょう。

これを少なくとも2、3日、出来れば1週間続けてください。
この記録をもとに計画表を作るのです。 

食事や入浴など、
絶対はずせない時間は先に埋めていきます。

見たいテレビ番組は最低限に絞り、どうしてもやりたいことは、
たとえ娯楽であっても完全になくさずに、
時間を決めて残しておくことがポイントです。

そうして残った時間を勉強時間に割り当てていけば、
かなり現実的な計画表が出来上がるはずです。


・計画表を見ていない。
そりゃあ、実行できないですよね、あたりまえです(笑)
自分の机で勉強する習慣のある人は机の前に張り出し、
普段からいろんな場所で勉強する人は、

手帳やスケジュール帳などに計画を書いて持ち歩き、
常に確認する習慣をつけましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。