勉強のやる気が出る方法!勉強意欲に火がつく!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

勉強の計画は「やることリスト」から

今回は具体的な計画の立て方について
お話ししていきたいと思います。

■まずは、「やることリスト」から
きっちりとした計画を立てても実行する自信のないひとは、
「やることリスト」を書いて実行する、
というのがオススメです。

「やることリスト」は「To Doリスト」ともいい、
ビジネス関係の書籍でよく紹介されている方法です。

やりかたは簡単。

その日にやるべきことを箇条書きにしておく、
というだけです。

ビジネスマンであれば、
このリストは仕事関係のものが多くなり、
学生であれば勉強関係が多くなると思います。

例を挙げると、こんな感じ…
英語(単語20個覚える)
数学(問題集の○ページから○ページまでを解く)
国語(教科書○ページから○ページまで音読)
これを、前の晩か、当日の朝に書いておくのです。
紙に書いても、手帳とかノートに書いてもいいのですが、
重要なのは、

------------------------
何度も見るように工夫する
------------------------

ということです。

紙に書く場合は、
自分が一日に何度も見る場所に貼りましょう。

手帳やノートなら、お気に入りのものを使って、
一日に何度も見るようにしましょう。

書きっぱなしでは、すぐに忘れてしまうので、
実行に移せるはずはありませんね。

優先順位を決めて、
特に優先すべきものには◎、
次に優先すべきものには○、
できればやりたい、というものに△

という印をつけるというのもいいですが、
これは特に慣れないうちは、どちらでもいいです。

なぜなら、慣れないうちに優先順位をつけようとすると、
どれを優先すべきかに悩んでしまい、

そうすると今度はリストを書くこと
自体が面倒になってしまうからです。

大切なのは、「継続できる」ということなので、
出来る限りシンプルにしましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。