<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

子どもには例を挙げて説明しよう

説明をするとき、
具体例を挙げるというのはとても大切です。

抽象的なことをいくら力説しても、
なかなかわかってもらえません。

英語であれば例文をたくさん挙げる。

数学であれば例題を出して解き方を説明する。

国語であれば、語句の意味だけでなく、
使い方を例を挙げて説明する。

国語に限らず、言葉の意味を聞かれたとき、
「こういう風に使うんだよ」
という意味で、簡単な例を挙げます。

続きを読む

子どもに教えるなら勉強しよう!

教える人は、日頃からいろんな情報に慣れ親しん
でおきましょう。

言い方を変えると、「仕込み」をしておきましょう、
ということです。

本は読んでますか?

いろんなメディアが発達している現代でさえ、
やはり書籍こそが最も手っ取り早く、
確かな情報を得ることのできるツールだと思います。

少しでも興味のある分野から攻めていくのがコツです。

仕事のためだと思って仕方なく読むのでは、
続きませんし、身になりません。

続きを読む

子供の指導は、声にメリハリをつけよう!

個別指導でも、声の出し方にも工夫が必要です。

声が小さいのは、ダメですよ。

かと言って、大きければいい、というものでもありません。

要は、大きくすべき時は大きく、小さくすべき時は小さく、
メリハリが大事なわけです。

大きかろうが小さかろうがずーっと同じトーンというのはまずいです。
聞いてるほうが、ポイントが分からないからです。

それに、退屈だからです。
では、メリハリは具体的にどうつけるべきか。

大事なところは大きな声で強調する、
と考えている人が多いと思います。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。