<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

子供へ勉強を教える方法カテゴリの記事一覧

ミニテストを実施する

■口で確かめる
覚えているかどうか、簡単な問題を出すのです。

例えば、理科でオームの法則の公式を覚えてもらった直後に、
「抵抗の出し方は?」
と聞くわけです。

答えられればOK、答えられなければもう一度覚えてもらいます。

授業の終わりにもう一度、
次の授業でももう一度同じことをすれば、定着度は高まります。


■ミニテストを実施する
これが一番定着度を測れる方法です。

市販の問題集や教科書の問題を使っても構いませんが、
自分で作れる人は、オリジナルのミニテストのほうがよりよいです。

続きを読む

子供の知識の定着度を確かめよう!

教えた内容を生徒がしっかりと理解し、
覚えている状態のことを「定着する」と
いいます。

教える側の責任として、
定着しているかどうかをしっかり
見届ける必要があります。

1回や2回、教えたくらいではほとんど
定着していないと思って間違いありません。

逆に、1、2回で定着したら、
それは生徒がよっぽど優秀ということです。

しっかり復習して、自分のものにしているわけです。

ともかく、教えっぱなしはいけません。

定着具合は何度も何度も確かめてください。

不十分であることがわかったら、
また教え直すことも必要です。

根気のいる作業ですが、教える人の宿命だと思ってください。

定着具合を確かめる方法をいくつか紹介しましょう。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。